デュイスブルクのクリスマスマーケット | 美味いメシと旅さえあれば

デュイスブルクのクリスマスマーケット

2018年12月訪問

トラブル対応のために、珍しく2018年12月にドイツのデュッセルドルフあたりに出張していました。
珍しくパリ、シャルル・ド・ゴール空港経由でのデュッセルドルフ入りです。

HOP!の飛行機、小さい!

これはクリスマスマーケットを見に行ける!と、日程に余裕を持って、ちょっとテンション高めでドイツ入りしました。

デュッセルドルフのすぐ北にある本日の宿泊先、デュイスブルクへ鉄道で移動します。

座席の絵柄が何気に可愛い。

デュイスブルクのケーニヒ通り

デュイスブルクは小さな街ですが、立派なクリスマスマーケットが開かれていました。
駅の正面の通り、ケーニヒ通り沿いに店がずらっと並んでいます。

こんなモノまで仮設で置いてしまうって!

この炭火焼きが美味しいんですよね😋

デュッセルドルフ周辺でこの時期だけ売られているWeckmannという、ドイツでも珍しいふわふわパン。なぜだか陶器製のパイプを持ってます。

クリスマスマーケット外観ギャラリー

小さな街とはいえ、クリスマスマーケットの各店舗の店構えは驚くほど力が入っています。
インパクトがあった店の写真をずらっと並べてみました。

行列が途切れないポテトのお店。
ワタシも思わず購入。もちろんドイツスタイルでマヨたっぷりです。

夜のクリスマスマーケット

夜のクリスマスマーケットも見に行ってみました。
さすがに雰囲気ありますね。

昼間は空いてたグリューワインを出してるお店も人だかりです。

巨大な肉のローストが圧巻です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました