PHaT PHOTOコンテスト

2010年1・2月号(第55号)のPHaT PHOTOコンテスト1位

お知らせした方もいるので、もうご存じかと思いますが、今日発売、2010年1・2月号(第55号)のPHaT PHOTOコンテストに入賞しました。 なんと、、1位</span>です。

先月、編集部の方から連絡をいただき、インタビューも受けたので分かってはいたのですが、いざ印刷物で見ると、また違った感慨深いものがあります。 単純に自分の腕が上がったとか、そういうことではなくて、いろんな偶然が重なり、いろんな人の協力があり、自分の力以上の作品になったからだと思っています。

もし、この町屋に泊まっていなかったら、

もし、一緒に行ったメンバーが違っていたら、

もし、カメラを持って坪庭に出ていなければ、

もし、坪庭の照明を消していなければ、

もし、いろいろ設定やアングルを変えて諦めずに撮影し続けていなければ、

もし、I氏が2階で機転を効かせて人を配置しなければ、

もし、コンテスト提出候補としてプリントしていなければ、

そして・・・ もし、テラウチさんから「やり徹す力」という言葉を頂いていなければ、

この作品はあなたの目に触れることは無かったでしょう。

放置していた、この写真関係のブログもリスタートしとかなあかんやろ、と考えて、システムをアップデートして、コンセプトを見直してまた書き始めたり、入賞の連絡前にメンバーに選ばれていたRICOH GXRを使っての作品作りなども重なったり、LEICA M3がオーバーホールから返ってきたり、その他にも公私ともにいろんな出来事があり・・・ すっきりからモヤモヤまで、気の休まる暇がない12月です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました