大阪の川をのんびりと「御船 かもめ」

(2020/08/22 更新)
コロナ禍もあって、運航内容が変更されていました。
最大6名、80分
貸し切りも50分2万円〜とお手軽になっています。
詳しくは「御船 かもめ」ウェブサイトを参照下さい。

(2012/10/23 投稿)

先週の日曜日、あまりにいい天気だったので、予定を変更して湊町リバープレイスへ。
121021_osaka-riverplace01

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

ところどころにへんな人が写ってますが気にしないでください(^_^;;

121021_osaka-riverplace02

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

あ、こんなところにも写り込んでた・・・

121021_osaka-riverplace03

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

目的はリバークルーズ。
思いつきで予約してしまいました。

121021_kamome01

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

この船に乗って2時間ほど川をクルージングします。

121021_kamome02

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

水上バスと違って天井も窓も無いし、気持ちいいクルーズになるのは間違いないことを確信しました。

お世話になったのは御舟 かもめさん。
10人乗りの小さな舟で、熊本・天草の海で真珠の養殖作業に使用されていた小舟を改装して使用されているそうです。

さて、しゅっぱーつ!

121021_kamome03

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

121021_kamome04

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR(Aperureによるトイカメラモード)

港町船着場を出るとまもなく大阪ドームが見えてきます。

121021_kamome05

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

ところが、その行く手を水門が阻みます。
道頓堀川水門です。
ずいぶんスマートな管理棟が乗っかってます。

121021_kamome06

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

侵入するのは左岸側です。
目の前の水門は左右に開くマイターゲートでは無いみたいですね。

121021_kamome07

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

道頓堀川水門の閘室(こうしつ)の中です。
上流側のマイターゲートが閉じていきます。

121021_kamome08

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

 

上流の水門が閉じたら、注水されて水位が上がっていき、下流側の水位になれば、下流側のゲートが開き始めます。
下流側のゲートはラジアルゲートと言って、水門自体が倒れながら沈んでいくタイプです。

121021_kamome09

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

左右から噴水が出ていますが、これは水門が完全に沈んでいない状態を示しており、誤って船舶が侵入することがないよう警告しているのだそうです。

121021_kamome10

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

ラジアルゲートの駆動アームです。
仕事がら、これぐらいのアームは見慣れていますが、なかなか過酷な環境なので錆対策が大変そうです(←余計なお世話)。

121021_kamome11

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

さあ、木津川に出ました。
大阪ドームも一望できます。

121021_kamome12

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

しばらく川を下っていくと、ちょっと異様な船が停泊していました。

121021_kumotori01

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

前から見るとこんな感じ。
121021_kumotori02

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

前にはこんなツノが出ています。
121021_kumotori04

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

この船は浚渫(しゅんせつ)船で、川や湾の底に堆積した土砂をすくい上げて水深を確保するための船なんだそうです。
先端のバケツを水中に差し込み、連続的に川底の土砂をくみ上げるので、バケット式浚渫船といい、船名は「雲取」。
東京都港湾局の持ち物だそうですが、なぜか大阪に来ていました(いまも居るか不明)。
東京都の最高峰である雲取山から名前はとったみたいです。

121021_kumotori06

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

それにしても、ジブリアニメに出てきそうな形ですね。

121021_gate01

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

この巨大な構造物。
大阪ドームの南側から大正区に流れる尻無川にあるアーチ型水門です。
台風などで押し寄せてくる大阪湾からの高潮をせき止めるためのもので、上流側に半円形の水門が倒れてくる構造です。

121021_gate02

Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

御船 かもめ
予約   ウェブサイトか電話で(ウェブサイト推奨)
電話   06-7175-4200(2019年に変更されてます)
乗船場所 八軒家浜船着場

コメント

タイトルとURLをコピーしました