Between wise and foolish

美味佳肴・・・Tips & Tricks

九份で芋団子、阿柑姨芋圓◆3日目

      2015/12/06

瑞芳駅前です。
130429_trip-taiwan47
九份行きのバスは通りの向こう側にあります。
バスの行く方向としては駅から見て左方向です。
 
奥には気になる「美食街」の看板が・・・
130429_trip-taiwan48
行ってみたい気持ちを我慢してバス待ちです。
平日ということもあってか、バス待ちは全部で20人ぐらいです。
しかしなかなかバスが来ません。
130429_trip-taiwan107
ちょっと前にならんでいるカメラ小僧がバシャバシャと写真を撮りまくってます。
何を撮ってるんだろうと見てると、どうやら女の子を望遠ズームで狙っているようでした。
盗撮紛いの血の通ってないような写真撮って何が楽しいんだかねぇ・・・
 
ちょっとテンション下がっちゃいましたけど、あまりにバスが来ないので、結局前にならんでいたカップルとタクシーで上がることにしました。
タクシー乗り場の看板に表示されている通り、九份までのタクシー料金は180ドルと決まっています。
バスよりも割高ですが、四人で乗れば一人150円程度なので、ここは時間優先で!
 
タクシーの中で同乗のカップルの方と情報交換しました。
女性は台湾には何度も来ているらしく市内は情報をお持ちでした。
昨日紹介してもらった、からすみ専門店「永久號」で毎回購入してるっておっしゃってましたので、ひと安心。
こちらからはお茶問屋の情報をいくつか紹介しておきました。
 
約10分で九份の入口に到着です。
バスもタクシーも同じとこで停まるのでちょっとした渋滞になっています。
なのでちょい下でタクシーを降りました。
 
130429_trip-taiwan49
なかなかすっきり晴れないと言われている九分ですが、今日は晴れではないものの島々も見えていて、なかなかの良い天気。
少し坂を登ると展望台らしきものが有ったので登ってみます。
入口の目安のセブンイレブンを発見!
130429_trip-taiwan51
背後には素晴らしい景色が!
130429_trip-taiwan50
 
土産物ストリートの入口です。あまり目立ちません(笑)。
130429_trip-taiwan52

芋団子、草もち、魚団子などの小吃店や土産物屋、フルーツ屋台など延々狭い道の両側にお店が続いています。
130429_trip-taiwan56
それに、臭豆腐も・・・
どのお店も色が溢れてます。
 
こんなところにまでトラックが乗り付けてます。積んでるのは芋団子の粉ですね。
130429_trip-taiwan54
 
魚のすり身団子のお店。
130429_trip-taiwan55
 
台湾人は豆が好き。
130429_trip-taiwan57
 
革製品のお店の前には犬が店番。右の店には・・・ちょっと特徴の有るお人が(笑)
130429_trip-taiwan58
 
(な)こんにゃくのお店(笑)
130429_trip-taiwan59
もの凄い明かりでこの店だけ異様に輝いてます。
 
草餅のお店。おばちゃん達が中で一生懸命作ってます。
130429_trip-taiwan60
 
なんだかよく分からないけど、お惣菜っぽいような、健康食品のようなものを売ってたり・・・
130429_trip-taiwan63

そんななかに、ひときわ人だかりの出来てる店が・・・
130429_trip-taiwan61
看板犬でしょうか、皆写真を撮ってます。
でもお店に入れないから営業を妨害してませんか君(犬)たち・・・
 
あちこちに芋団子の店がありますが、ここは我慢して登ります。
130429_trip-taiwan62
 
店が途切れると見晴らしの良い場所に出ました。
130429_trip-taiwan65
 
130429_trip-taiwan64
 
景色を眺めながら飲めるバーもあります。
130429_trip-taiwan66
 
ようやく目的地の看板が・・・
130429_trip-taiwan69
 
しかし我々の前に立ちふさがる獣が!(笑)
130429_trip-taiwan70
獣(犬)、立ってないし。
 
急な賢崎路を上りきったところにある「阿柑姨芋圓」に到着!
今回はここで芋団子を食べるのが目的です。
130429_trip-taiwan71
いつも混んでると聞いてたのですが、たまたまタイミングが良くて誰もならんでません(ラッキー過ぎる!)。
そうなると注文も恐る恐るって感じになるのが小市民なところですが・・・(汗)。
メニューは、温かいおしるこのタイプか、氷の入った冷たいのかを選べます。
さらにトッピングは小豆、緑豆、大豆、ミックス(全部入り)のどれかを選ぶようになってました。
ガツンと甘いのが欲しければ練乳を追加することも出来るようです。
ちょっと悩みましたが、全部入りの冷たい芋圓を頂きます。
温かいのも頂きたかったのですが、奥様が少しでいいって言うんでシェアすることにしました。
 
130429_trip-taiwan72
 
130429_trip-taiwan73
 
芋圓を受け取るとそのまま作業場を通り抜けます。けっこうな距離を進むと海が見渡せる展望台のようなイートインスペースに出ます。
130429_trip-taiwan76
これまたたまたま窓際に席が空いていましたのでそこで芋圓を頂くことに。これは本当にラッキーでした。
雲から夕陽がちょっとのぞいたりする感じで、ちょうど良い時間でした。
130429_trip-taiwan75
 
ここの芋圓はタロイモとサツマイモと緑豆の三色の団子に3種類の豆がたっぷりとかかった、ほんのり甘く、そして温かいものでした。
130429_trip-taiwan74
食べ進むと氷できりっとして、飽きることなく完食。
ごちそうさま!
後ろを振り返ると、けっこうお客さんが増えてました。
堪能したし、景色の良い席はみなさんにも楽しんでもらわないとね、ということで店外に・・・出口は別でした。
休日は30分待ちになることもあるらしいので、出口が別なのはそのための配慮なんでしょうね。
 

阿柑姨芋圓
住所:新北市瑞芳鎮福住里豎崎路5号
電話:+886-2-2497-6505
営業:09:00~20:00(土09:00~24:00)
定休日:なし

阿柑姨芋圓

 - 2013年4月台湾旅行