Between wise and foolish

美味佳肴・・・Tips & Tricks

良心的お茶問屋、意翔村茶業◆1日目

      2015/12/06

鼎泰豊でお腹を満たしたあと、歩いて次の目的地に向かいます。
卸売り価格なのに100g単位で台湾茶を分けてくれるという意翔村茶業さん。
 
停止線のところにある二輪車停止スペースが広い!(笑)
130427_trip-taiwan74
 
大通りから少しはいるのですが、その目印になるモスバーガー。
130427_trip-taiwan75
フルーツの持ち帰りがあるみたいですね。
それに24時間営業とは!なんてパワフルなのでしょう。
 
こんな道沿いにあります。
130427_trip-taiwan51
 
飾り気のない店構えですが、こちらが意翔村茶業さんです。
130427_trip-taiwan52
 
お店に入ると意外と明るい。
7~8人の若いお客さん(学生さん?)の相手をしていたのが、このお店の主、陳煥堂さん。
聞くところによると台湾茶品評会のコンテスト委員で台湾でも数少ない評茶鑑定士の方だそうです。
そんな実力者なのに良いお茶をみんなに飲んで欲しいということからこのお店を始めたとか。
 
試飲台に案内されて、陳さんは、ぱぱぱっと手早く6種類のお茶を鑑定杯に入れて、お湯を注ぎます。
130427_trip-taiwan53
 
私たちにはお猪口サイズの杯と大きめのスプーンが渡されます。
陳さんがカタコトの日本語で試飲方法の説明をしてくれます。
おお!これが噂に聞いた鑑定スタイルの試飲かぁ。
スプーンで香りを確かめ、杯にお茶を入れて味わいます。
良くないお茶だと渋みや雑味が出てくるのだそうで、お茶としては過酷な抽出方法です。
5分以上かけてじっくりと味わいます。
 
どれも美味しかったんですが、奥様の好みもあり、結局、古典美人茶と高山烏龍茶を頂きました。
うちに帰ってから淹れた古典美人茶、たしかに美味いです。
 
「おみやげ」にバナナを2本。
なぜバナナ?というのはおいといて、このバナナ、かなり美味しかったですよ。
 
意翔村茶業(有)
営業:09:30~18:30
休業:日曜日
住所:台北市大安區新生南路一段161巷4之1號
電話:02-2703-0394

 - 2013年4月台湾旅行